姓名判断と赤ちゃんの名付け・名前診断|宝珠

姓名判断 宝珠

赤ちゃんの姓名判断 「名前診断と名付け」

赤ちゃんの名前診断と名付け

赤ちゃんの名前をお考えのご両親は、その名前が赤ちゃんに幸運を与えてくれる名前なのかどうか、とてもご心配でしょう。
姓名判断の宝珠は、赤ちゃんの名付けに迷っているご両親が、安心して命名ができますように、誠実にお手伝い・アドバイスいたします。

赤ちゃんの名前診断

名前候補の姓名判断

お父さん・お母さんがお考えになった、赤ちゃんの名前候補を姓名判断します。
「姓名の画数・陰陽・五行」を診断して、赤ちゃんの名付けの最終決定を自信を持ってできるようアドバイスいたします。

赤ちゃんの名前診断、名前候補の姓名判断


オーダーメイド名付け

赤ちゃんの名前は「姓名判断で最高の名前を」とか「呼び名は決まっているが漢字が決まらない」というお父さん・お母さんには、赤ちゃんの呼び名やイメージ、使いたい漢字等のご希望を反映した、吉運の名前をオーダーメイドでご提案いたします。

赤ちゃんのオーダーメイド名付け


姓名判断で赤ちゃんに吉運の名前を

赤ちゃんの名付けと姓名判断 赤ちゃんの名前は、赤ちゃんの人生を象徴する神聖なものです。
新しく生まれてくる赤ちゃんが「健やかに幸せな人生」 を歩んでいくことを願うのは、すべての親に共通です。

赤ちゃんの名前は、文字から見て良い印象を与える名前であるとともに、耳に快く響く名前であることが大切です。 それに、姓名判断からみても吉運の名前であれば申し分ありません。
親としてわが子に付ける名前が、姓名判断で凶名となるよりは、 吉名であるほうが安心で気持ちが良いはずです。

赤ちゃんには「吉運の名前」をプレゼントしてあげて下さい。


赤ちゃんの姓名判断とは

赤ちゃんの姓名判断とは 人の運勢には、生まれもった先天運(宿命)と、周囲の環境や努力によって形成される後天運があります。後天運をよい方向に導くのが、画数のよい名前です。姓名判断で吉画数の名前は、赤ちゃんを吉運で幸せな人生に導きます。

「姓名は人生の預言者」と言われますが、名前にはその人をある一定の方向へ導くパワー (運気) が宿っています。 幸運な名前、不幸な名前、成功する名前、事故にあいやすい名前。良縁に恵まれる名前、離婚やトラブルを起こす名前、仕事に生きる名前など様々なタイプがあります。

姓名判断とは、名前に秘められた運命を読み解く診断手法です。宝珠の鑑定方法は、画数だけではなく、姓名の陰陽二気、五行の調和、九星との関係などを総合的に判断することにより詳細な鑑定ができます。


赤ちゃんの名前

ご両親が気に入った名前

赤ちゃんの名前を考える時にあれこれと迷い悩むと思いますが、生涯呼び続ける名前ですから、最終的にはご両親が最も気に入った名前を付けてあげましょう。

その上で、次のようなことを考慮します。


愛情たっぷりの名前

愛情のこもった名前は、赤ちゃんを支え、生涯励まし続けます。
愛情のこもった声で名前を呼ばれると、うれしくて心が落ち着きます。

美しい響きの名前

人から呼ばれる時に、快く響く名前。
音に対する感覚はとてもデリケートです。呼ばれるたびに不愉快な気分にならない名前。

誰にでも読みやすい名前

名前は、自分よりも他人が読む場合が多いですから、誰が読んでも正しく読める名前。
個性的な名前の場合には、「少し読みにくいけれど、一度聞いたら納得できて、すぐに覚えられる名前」。 独創性にも程度が必要です。

赤ちゃんが書きやすい名前

赤ちゃんが、初めて自分の名前を書くようになった時に困らない名前。
赤ちゃんが小さなうちは、難しい漢字は書きにくいので、自分の名前を間違えて書いてしまうかもしれません。

相手に正確に伝わる名前

名前を発音した通りに、相手に正確に伝わる、漢字の説明もスムーズにできる名前。

印象の良い名前

入学願書、履歴書、名刺の名前の文字を見て、良い印象を与える名前。
社会に出ると、多くの人と出会います。その時にプラスの印象を与える名前。

良い意味の名前

良い意味の漢字を使うと、名前全体の印象やイメージも良くなります。

姓名判断で吉運の名前

名前には、その人をある一定の方向へ導くパワー (運気) が宿っています。 幸運な名前、成功する名前、良縁に恵まれる名前、仕事に生きる名前など、様々なタイプの名前があります。姓名判断からみて吉運になるように、画数の良い名前。

避けたい名前

滑稽な漢字の名前

友達から笑いものにされたり、いじめられたりする。

貧弱な感じを与える名前

姓が単純な文字の場合、名前が単純だと、貧弱で安っぽく感じられる。

歴史上の有名な人の名前

「名前だけ立派」と陰口を言われかねない。

家族や親戚に似ている名前

「京子」「今日子」「恭子」など、間違えられる。

音読みでは良い名前でも、訓読みにすると悪いイメージの名前

不吉な文字を使った名前

男女の区別のはっきりしない名前

姓か名かはっきりしない名前

↑ PAGE TOP

.